写経

【妙乗院(みょうじょういん)】愛知県東海市にあるお寺です。写経の紹介。

写経

写経

妙乗院の写経

写経とは

仏教の経典を書写することを写経(しゃきょう)と言います。中でも、最もポピュラ-なものは、般若心経です。

写経は、276文字から成ります。そして、その起源は7世紀と言われ、1300年以上もの時を超えて、今も多くの人が実践しています。

えんこうが現代語訳した般若心経はこちら »

『えんこうオリジナル写経』

自然治癒力が向上!

集中力・忍耐力がつく!

心と身体を落ち着いて、安心の境地に!

内容 お話・『ア』呼吸法・写経・その他
開催日時 毎月第2土曜日16時30分〜17時45分
費用 参加費 1 回 3,000円
年間費 6,000円

オリジナル筆ペン、オリジナル写経用紙を利用します。

写経の心構えは、きれいな字、うまい字を書くのではなく、心をこめてゆっくり書くことです。
(例)写経するとき、思い切りスピードをおさえることで、集中力が増します

どこで写経を行うのか、誰に学ぶのかが大事です。

写経の効用

1自然の治癒力が向上する

2指先を使うことで、脳を活性化させることができる

3心が清浄になり、安心の境地になる

4姿勢がよくなり、心と体が落ち着いてくる

5集中力がついてくる

6忍耐力がついてくる

7字が上手になる

8イライラを解消し、疲労回復を図る

人間らしい行動の抑制やコミュニケーション学習を司る「前頭葉」の左右と、 空間認識などを司る「前項葉」の左右の変化を調査したところ、次のような結果がでました。

写経前の平穏時を基準とし、脳が最高に活性化していることを示す数値であるプラス3から、脳がリラックスした状態を示すマイナス3までの11段階で判断した結果、 写経で前頭葉・前項葉の左右いずれも最高のオウラス3を記録されました。

次に百人一首を書写する実験を行い、音読しながら書き写す作業を行うと、前頭葉が左右ともプラス2を示しました。 一方、脳が活性化しそうなオセロゲームは、プラスの変化はなく前頭葉にマイナス3の値が出て、リラックスグッズであることが判明しました。

このように現代の医学的見地からみても、写経は自己の治癒力を高める効果があると分かっています。

一つのことに意識を集中させることによって、神経系統、特に大脳の働きが有序化され、整理されます。 写経をすることで、苦渋をかかえた自分を次第に抑え、写経を終えた時には何かが吹っ切れて、清々しい気持ちを取り戻すことができることでしょう。

写経が自己治癒力を高めるといわれるのは、写経を書くまでの過程が、心の癒しになっているのと同時に、体の癒しにもなっているからのようです。

お問合せ・ご予約

【ご住所】【お名前】【連絡先の電話(携帯可)】をお伝え下さい。
メールでのお問合せやご予約には、基本的に48時間以内に返信します。
携帯電話(スマートフォン)の迷惑メール設定などにより、返信メールが届かない場合は、 お手数ですが、一度お電話にてご連絡下さい。

メール: info@myojyoin.jp
電話: 0562-32-10290562-32-1029
FAX: 0562-32-9780

愛知県東海市養父町里中51−1
妙乗院 酒井圓弘〔えんこう〕

えんこうが現代語訳した般若心経

あなたの人生をもっと楽にしてみませんか?

あなたは幸せに暮らすことができます。
もしあなたがリラックスして気楽に構えれば。
苦しみや困難は幻に過ぎません
だから心配しないで。

この世は無意味です(空しい)。
痛みや悲しみはもともと何でもないものです。
この世は今も変わっています。

あなたは悲しみを喜びに変えることさえできます。
あなたは時には(道徳的、宗教的に)汚れるかもしれません。
またある時には、重荷に苦しむかもしれません。

だからこそ、あなたは抱えていることを捨てることができるのです。
この世がどんなに不確かなものかわかりましたね。
苦しみや病気などは忘れなさい。

あなたが見ているものにそれほど注意を払わないでください。
聞こえていることには固執しないでください。
人々は何においても好みは違いますよね。
全く予想不可能です。

決意が揺らぎますか?それは全く問題ありません。
それがいわゆる『無』です。

人生においては多くの困難を経験します。
困難を避けるのは難しいです。
なら、ここに置いていったらどうですか?

これから何が起こるか誰にも分かりません。
無理をして自分の道を明るく照らさなくてもいいのです。
暗い道を歩くことを楽しめばよいのです。

このように、あなたは人生を生きていることを実感することができます。
正しく生きることは難しいかもしれません、実際。

でも、誰でも屈託なく生きることは出来るんですよ。(わかるでしょ?)
修行者として生きるコツがあります。われわれは生きるために苦しむ必要はありません。
楽しく生きる修行者でありなさい。

しかし、適度な恐怖は生きていく上で必要です。
適度の恐怖は注意を生みます。(ことわざ)

でも誤解しないでください。
冷酷になるべきだ、と言っているのではありません。
夢や、空想や、慈悲を持ち続けていれば、
どこにでも涅槃を見つけることはできます。

あなたの生き方は変わらないが、あなたの態度は変わるでしょう。
心に余裕を持てば誰でもブッダになることができます。

短いですからこの般若を覚えておきなさい。
それが正確に何を意味するかを知らなくてもいいのです。
細かい事は忘れなさい。

少なくともそれはあなたの苦しみを小さくします。それで十分ではないですか?
もしあなたがあなたの全ての嘘とデタラメを認めれば、あなたの苦しみは取り除かれます。そういうものなのです。
これまで私が言った事を忘れてもいいでしょう、しかしこれだけは覚えておいてください。

その気になったらこれを呟いてみてください。
心の中でこれを唱えてもいいのです。

注意深く聞いてください。
声高く唱えなさい。邪念は追い払われ、魂の平和が訪れ、全ての答えを得るでしょう。
それからついに悟りに達するでしょう。すべてのあなたの目標はこの般若を唱えることによって成就するでしょう。
心配しないで。きっとなんとかなりますよ。

TOP妙乗院(みょうじょういん)紹介動物合同慰霊墓貸部屋
住職プロフィール御朱印滝行座禅写経主な講座
交通案内マスコミ・メディア実績妙乗院グッズ【お問合せ・お申込み・お便り】

Copyright © 2006- 妙乗院 All Rights Reserved.